ドッグフードの保存方法

ドッグフードの保存方法

 

ドッグフードを長持ちさせるために、多くのペットフードには、保存料や酸化防止剤などが使用されています。
それでも空気に触れると酸化して劣化が早まります。
ドッグフードは愛犬の身体を作る大事な食事です。
特に梅雨や夏場には、保存方法に十分注意する必要があります。
今回は、ドッグフードの保存方法について説明します。


ドッグフードの種類別保存方法

ドッグフードには、含まれている水分量で大きくドライフードとウェットフードに分かれます。保存方法も異なりますので、しっかりと覚えましょう。

 

ドライフード

 

ドライタイプのドッグフードは、開封後も比較的保存がききますが、酸化やカビから守るために空気が入らない密閉性の高い保存容器に小分けにしていれて、できるだけ空気に触れさせないようにしましょう。
開封・未開封にかかわらず、ドッグフードは直射日光のあたらない、涼しくて風通しの良い場所で保管してください。乾燥材を入れて、カビや雑菌が繁殖しないようするといいでしょう。
温度差から結露が付いてしまいカビの原因になりますので、冷蔵庫には入れないようにしてください。開封後は1ヶ月以内に食べきるのが目安です。

 

ウェットフード
ウェットタイプのドッグフードは缶詰や、レトルトパックになっていると思います。
開封してしまうとすぐに傷むので、開封した時点で使いきるのがベストですが、どうしても保存する場合は、密封容器に入れて冷蔵庫で保存し、1~2日以内に与えましょう。
必ず、缶詰から密封容器に移し替えてください。
容器は、しっかり洗ったのちに熱湯消毒をして良く乾かしてから使うようにしましょう。

犬が残したドッグフードは?

犬が残したドッグフードを袋に戻すのは厳禁です。
残したドッグフードには犬の唾液などから微生物がついている可能性があります。
それを袋に戻すと袋内で繁殖してしまいます。食べ残しは捨てましょう。

 

賞味期限が過ぎたドッグフードは食べられない?

ドッグフードのパッケージに記載されている賞味期限は「未開封」の場合の賞味期限です。賞味期限は未開封を前提に、「だいたいのその期間ならおいしく食べれますよ」という意味で、多少なら賞味期限が切れていても食べられます。
ですが、人間の食べ物と一緒で、風味は落ちると思われますし、保管状態によっては、カビが生えたりしているかもしれません。
あまりにも賞味期限が過ぎているようなものは与えない方が良いでしょう。