子犬を迎える日の注意点

犬の飼い方,子犬,子犬を迎える

 

子犬を迎える日は、なるべく家族全員で家にいる様にし、初日から1週間は生活に慣れる為の期間と考え、暖かく見守ってあげましょう。環境が変われば体調を崩したりストレスを感じたりするものです。これまでと同じフードを食べさせる。長い時間かまい過ぎない等、犬に負担がかからないように配慮してあげましょう。

 

子犬を迎えに行くのは、集中して世話のできるまとまった休みの日の午前中がいいでしょう。キャリーケース等を用意して、移動の際のストレスに注意しましょう。

 

子犬お迎えの注意点

お迎えの時間

午前中に迎えに行き、昼間の間に新しい環境に少しでも慣らすようにしてあげましょう。

移動方法

ハウスとしてつかうキャリーケースにいれて運びます。排泄や乗り物酔いに備えて、ペットシーツ、タオル、ティッシュペーパー等を持っていきましょう。。

購入先への質問

子犬の健康状態や、これまでのワクチンの状況、シャンプーの経験、お気に入りのおもちゃ、どんな食事を与えていたか聞いておきましょう。


子犬が家に着いた時の注意点

家に着いたら、まず、トイレに連れて行き、飲み水を用意してゆっくり休ませてあげましょう。
親元で使っていたタオルなどを貰って入れると安心します。

 

子犬が家に着いた時の注意点

かまい過ぎない事
 

子犬の可愛さについつい抱いたり、遊んだりしがちですが、子犬は、環境が変わり、かなりのストレスを受けています。かまいすぎてストレスを与えると下痢や脱水症状を起こします。体力がつくまで、子犬のペースをまもりましょう。

夜泣き

子犬は、親兄弟から放されて、寂しくて、不安で夜泣きをしてしまいます。可哀想ですが、心を鬼にしてかまわないようにしましょう。昼間たっぷり遊んで疲れさせるのが夜泣きの予防法です。夜泣きはだいたい2-3日でおさまります。

子犬は寝るのが仕事
 

子犬は1日の大半を寝て育ちます。子犬は1日20時間程度の睡眠が必要なのです。かわいい寝顔につい撫でたくなりますが、我慢しましょう。