成長別ドッグフードの与え方

成長別ドッグフードの与え方

 

犬の成長に従って、与えるドッグフードの種類や1日の食事の回数について解説します。

 


2〜3か月頃

ドッグフード:パピー用(子犬用)

回数:1日3〜4回

 

まだ、胃も小さいので、1回分の食事を3〜4回に分けて与えます。
市販の離乳食か、パピー用ドライドッグフードをふやかして与えます。
徐々に、ふやかす時間を短くし、そのままで食べられるようにしていきます。
上手く消化できないようなら、1回の量を減らし、回数を増やします。

 

4〜7か月頃

ドッグフード:パピー用(子犬用)

回数:1日2回

 

成長期なので、引き続き栄養価の高いパピー用ドッグフードを与えます。
食が細い子の場合は無理に1日2回にせずに1日3回のまま様子をみましょう。

 

8か月から7歳頃

ドッグフード:成犬用

回数:1日1〜2回

 

体重の増加が止まったくらいで成犬用ドッグフードに切り替えます。
急に全部を変えると体調を崩す場合もあるので、最初は新しい物を1〜2割程度まぜ、1種間くらいかけて、徐々に切り替えます。
回数は1日1回か、1日分を2回に分けて与えてもかまいません。

 

8歳から

ドッグフード:シニア用

回数:1日2〜3回

 

消化器官が衰え、代謝が悪くなってきますので、高タンパク低カロリーのシニア用ドッグフードに切り替えるのがお勧めです。
成犬用のドッグフードから変えない場合は、肥満防止の為、与える量を減らしてください。歯が抜けたり、顎が弱ってきたら、食事を柔らかくしてあげましょう。

 

 
カテゴリページ(カジュアル)
ペット保険 資料請求