自分の家族となる犬の選び方

犬の選び方

 

自分、家族、そして犬のいる生活を考えてみましょう!

 

犬を飼いたいと思ったら、実際に自分の家族や、生活を考えて、そこに犬が来たら、どんななのかを考えてみましょう。
どんな犬を飼ってみたいですか?大きい子?小さい子?毛の長さは?可愛いタイプ?かっこいいタイプ?おとなしい子?元気な子?
犬を飼う事は、その子を一生面倒見るという事です。ペットショップに行って、子犬を選ぶ前にどんな犬を家族として迎えたいかを考えてみましょう。

 

犬の性格を知りましょう!

犬を飼いたいと思ったら、実際に近所のペットショップに行って子犬を見てください。
初めは、どの子も可愛くてそればかりに目が行ってしまいます。でも、よく見てみましょう。
やたらと吠える子、こちらをじっと見ている子、寝てばかりいる子。
子犬にも、それぞれの性格が出ています。
その子犬たちの中で、自分の生活環境や性格に合った子を見つけましょう。
ペットショップなら、店員さんに子犬の性格を聞いてみてもいいと思います。
性格は犬種やオスかメスか、また、その子の産まれた環境によっても違ってきます。自分でも、ネットや本で調べてみましょう。

 

成犬時の犬の大きさを考え生活環境に見合った犬種を選びましょう。!

自分の生活環境を振り返ってみましょう。犬を飼うのは室内ですか?外で飼うのですか?
どの犬も子犬の時は小さいですが、1年もたてば成犬になります。犬の成犬時の大きさは、犬種によってわかります。大きな犬なら、その犬に見合ったスペースはあるのか?犬の成犬時の大きさを知って、自分の生活環境にあった犬種を選びましょう。

 

犬の手入れにかかる時間も考えて犬種を選びましょう!

どんな容姿の犬を飼いたいのかは、完全に飼い主の好みだと思います。ただ、犬の手入れにかかる手間の事も考えましょう。毛の長い犬は可愛いですが、毎日のお手入れが必要になる事を頭にいれておいてください。通常犬は、春と秋の2回、毛が生え変わります。この時期に、お手入れをしないで放っておくと毛玉になってしまったり、抜け毛で家の中が毛だらけになってしまい不衛生です。
毎日ブラッシングして、きれいにしてあげる必要があります。そういうお手入れの時間が無い場合は、短毛種の犬を選びましょう。