ドッグフードの種類

ドッグフード,ドッグフード種類

ドッグフードの基礎知識として、ドッグフードの種類 を形態別と目的別に分けて説明します。


ドッグフードの種類:目的別

ドッグフードを目的別に種類分けをすると、「総合栄養食」「間食」「その他の目的食(療法食等)」に分類されます。

 

総合栄養食
総合栄養食とは、毎日の犬の主食となるもので、そのドッグフードと水を適切に与えると、犬の健康を維持できるよう栄養バランスを調整しているドッグフードの事です。
ドッグフードが総合栄養食として認められるためには、ペットフード公正取引協議会が定まる給与試験と分析試験の結果が、総合栄養食の基準に達していなければなりません。

 

間食
おやつやごほうびとして与えられるドッグフードです。
これらは、限られた少量しか与えませんので、ワンちゃんの好みで食いつきの良いものを与えるといいでしょう。

 

その他の目的食(療法食等)
アレルギーや胃腸障害等、特定の病気を持ったワンちゃんに与えるドッグフードのことです。使用にあたっては必ず獣医師の指導を受けるようにしてください。

ドッグフードの種類:形状別

ドッグフードは含まれている「水分の量」によって、大きく「ドライタイプ」「セミモイストタイプ」「ウェットタイプ」にわかれます。

 

ドライタイプ
ドライタイプは、製品の水分が10%程度以下のドッグフードで、加熱発泡処理された固形状のものです。いわゆる、カリカリのドッグフードです。ドライタイプは、少量でも栄養価が高く、長期保存ができるので、総合栄養食のドッグフードの多くはドライフードになっています。ただし、ドライタイプは、含有する水分量が少ないので、水分もしっかり摂れるように食事のときには近くに新鮮な水をいつも用意してあげてください。開封後は密閉容器に入れて、直射日光の当たらないところで保管してください。

 

セミモイストタイプ
セミモイストタイプは、製品の水分が25~35%で押し出し機などで製造され、発泡していないものです。丁度、ウェットタイプとドライタイプの中間にあたる半生のドッグフードといえば解りやすいでしょう。このタイプは、犬には好まれるかもしれませんが、品質保持のために防腐剤や水分保持のための湿潤調整剤などの添加物が使用されている事がほとんでです。

 

ウェットタイプ
ウェットタイプは、水分含有量が75%以上のドッグフードのことで、缶詰やレトルトパックに入っているものがウェットタイプです。原材料の主体が動物性タンパク質(肉や魚)で、その食感と味から犬が好んで食べる傾向にあります。ただ、食べかすが口の周りに残りやすく、歯石や口臭の原因にもなります。
1回で使い切るのが基本ですが余ってしまったら、別の容器に移して、冷凍保存し、早めに使い切ってください。