犬がドッグフードを食べない時

犬がドッグフードを食べない時

 

犬がドッグフードを食べない・食いつきが悪い原因とその対処法について説明します。


犬がドッグフードを食べない・食いつきが悪い原因

犬がドッグフードを食べない・食いつきが悪い原因は、4つに分けられます。

 

1・ドッグフードが犬にあっていない。ドッグフードに問題がある。
ドッグフードに沢山の添加物が入っていて、消化が悪く胃もたれを起こすと食欲がなくなってしまいます。そのドッグフードの成分に問題があり、食いつきが悪くなっている場合もあると思われます。
また、古いドッグフードは、酸化している場合があります。
酸化したドッグフードは臭いが変わりますので、それが原因で食いつきが悪くなることもあります。

 

2・イヌが体調を崩している。
ドッグフードを食べない日が2日以上続く時は病気の可能性があります。
犬がなにかしら病気になっていると、食欲が低下し食いつきが悪くなり、無理に食べさせると、嘔吐や下痢を起こすことがあります。
この場合は、獣医さんにみてもらいましょう。

 

3・犬のわがまま・ストレス
実は、犬がわがままになっているというケースが一番多いようです。
おやつを頻繁にあげていると、ドッグフードよりもおやつの方が欲しいからその意思表示として、食べないでいる事があります。
また、わがままとは違いますが、犬がストレスを抱えている場合も食欲は落ちます。

 

4・犬の老化。
人間と同じで、犬も年を取ると、若いころよりは食欲は落ちます。

ドッグフードの食いつきが悪い時の対処法5つ

1・獣医にみてもらう。
食欲のない、本当の原因は飼い主には判断できかねます。
病気が原因の場合、病院に連れて行くのが遅れたら、病気は進んでしまいます。
なので、まずは獣医さんに相談しましょう。その犬にあった的確な対処法を教えてくれます。

 

2・質の良いドッグフードに変える
開封して、時間がだいぶたって、酸化してしまっているドッグフードなどはもってのほか、栄養があって、良質な原材料を使っていて、胃腸やアレルギーなどを考慮している良質なドッグフードに変えることをおすすめします。
老犬の場合は、シニア用のドッグフードに変えましょう。

 

3・食べなかったらドッグフードを下げて、次の食事の時間までは何も与えない。
これはワガママ対策です。今食べなければ、お腹がすいてしまう、当然おやつはもらえない、食べなければという事を教えるためです。

 

4・ドッグフードを一工夫する。
ドッグフードを温めると、匂いが増加します。食欲も増すかもしれません。
犬用のふりかけとか、トッピングをしてあげるといつもの食事にアクセントがついて、食べてくれるかと思います。いろいろ試してみてください。

 

5・食べたら褒める。
しっかりと食べる事が出来たら、必ずほめてあげましょう!