犬に食べさせてはいけない食べ物

犬に食べさせてはいけない食べ物

 

自分が食事をしている時、愛犬が欲しそうにしていると、つい自分の食卓にあるものを上げてしまいそうになりますが、人間には良くても、犬にとっては危険な食べ物があります。そこで今回は、犬に与えてはいけない食べ物についてご説明します。


犬には危険なので、絶対に与えてはいけない食べ物

犬に与えてはいけないもののうち、中毒症状を引き起こしたり、体を壊すものは、命に関わる危険性もあるため、絶対に食べさせてはいけません。

 

ネギ類(長ネギ・玉ねぎ・ニラ等)
ネギ類には、犬の赤血球を破壊する「アリルプロピルジスルファイド」という成分があるため、貧血になり、酷くなると嘔吐や下痢、黄疸などの症状が出る事もあります。
エキスが溶け出したシチューやすき焼き、ハンバーグなどもたべさせないようにしましょう。

 

チョコレート・ココア・カフェインの入っている物(お茶、紅茶、珈琲)
チョコレートやココアに含まれている、「デオブロミン」や「カフェイン」は、脳神経を刺激し、中毒症状を引き起こします。
ひどくなると、嘔吐・下痢・不整脈・けいれん発作等を起こすこともあります。

 

ぶどう、レーズン
レーズンなどのブドウ類には、犬が中毒を起こす可能性を含んでいます。
嘔吐や下痢の症状が現れ、中毒になると、腎臓の機能が障害を受け、腎不全となったり、肝機能障害を引き起こす可能性があります。

 

アボカド
アボカドに含まれている「ペルジン」という成分が、犬に下痢や嘔吐などの症状を誘発し最悪の場合は死にいたるケースもあるほどです。

 

お酒
アルコールは中毒性を引き起こす可能性があります。
特に小型犬などは体が小さいので、少量でも急性アルコール中毒になる場合があります。

 

生卵
卵白に含まれる「アビジン」が、皮膚炎等の原因となります。

 

生の豚肉や鶏肉
細菌・ウイルス・寄生虫病のおそれがあります。しっかりと加熱をしてください。

 

犬には注意が必要な食べ物

犬に食べさせる際に注意が必要な食べ物があります。
なるべくなら、与えないようにしましょう。

 

牛乳
犬の多くは、牛乳に含まれる乳糖を分解できず、下痢になってしまいます。
牛乳を与える場合は、犬用の牛乳を与えてください。

 

イカ・タコ・エビ・カニ・貝類・豆類・キノコ類・こんにゃく等
消化しにくい食べ物なので消化不良で体調を崩してしまいます。

 

スルメ
スルメは胃の中で水分を吸収す膨張してしまい、腸や食道につまり腸閉塞を起こすことがあります。

犬の健康の為に避けたい食べ物

加工品
ハムやソーセージ・練り物・たらこ等には多くの添加物が含まれており、また塩分も高いです。脂肪分も高いので肥満の原因にもなります。

 

お菓子やジュース
糖質や塩分、脂肪が多く、肥満、糖尿病、歯槽膿漏などの原因になります。

 

まとめ

ここで上げた犬に食べさせてはいけない食べ物は、犬の届かないところにおいて、食べさせないようにしましょう。
万が一食べてしまい、体調に異変が生じた場合は、すぐに獣医に診てもらいましょう。